FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 IMG_9403.jpg  8月9日(木)73年目の長崎原爆の日を前に、8月5日(日)午前11時から長崎県時津町の「文化の森無縁墓碑慰霊祭」が執り行われました。

 文化の森無縁墓碑守る会有志代表で、IMG_9382.jpg元村一自治会老年部喜楽会 会長 松本 文男 氏の呼び掛けに、約30人(うち子ども10人)が参加しました。

  司会進行役を立山喜楽会副会長が務めました。全員で黙祷を奉げて松本喜楽会会長が開会あいさつ、 中橋元村一自治会長あいさつ、IMG_9385.jpg濱岡顧問の有志代表あいさつ、新井時津町議会副議長が来賓あいさつを行いました。取材に来られていた読売新聞社と長崎新聞社の記者紹介をして、元村一育成会の皆さん(子どもと保護者)が、墓碑の左側に設けた献鶴台に「千羽鶴」をお供えしました。その後、参列者が順に参拝し、 高齢者サロン ズッコケクラブの一瀬会長が、閉会挨拶をして慰霊祭を終了しました。

IMG_9392.jpg 松本会長からは「誰にも知られない、奥の方にあった無縁墓を人目につくこの場所に移して、3回目の慰霊祭になるが、この間、関係者の皆さんに、ご尽力いただいたお陰でここまで来た」と謝辞を述べられました。

IMG_9399.jpg  濱岡顧問は「疱瘡墓と聞いていたが、原爆の犠牲者もここに葬られていると聞いた。原爆の惨状を目の当たりにして来た者として、無念の思いで亡くなられた方など、先の戦争の犠牲があって現在の平和がある。このことが忘れ去られないように、平和への感謝を後世に伝えていきたい」と語りました。IMG_9401.jpg

 献鶴台手前のボードには、平和をテーマにした森下書道教室の生徒(元村地区)の作品が掲示されています。という紹介が司会者からありました。
  

IMG_9398.jpgIMG_9377.jpg
 すべての写真は、画像内でクリックすると拡大します。

 平和を願う 炎天下の慰霊祭!お疲れさまでした。
 慰霊祭後、元村一公民館での「冷ソーメン会」「盆踊り練習」「ビンゴゲーム」へと続く(*^_^*)。(彼方) 

 前回(第2回慰霊祭)の様子は、下記URLをクリックしてご覧ください。
togitu.blog65.fc2.com/blog-date-201708-1.html
スポンサーサイト

【2018/08/06 18:16】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック