FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 酷暑お見舞い申し上げます。
 今年の夏は豪雨・台風・酷暑と何れもかって経験したことのない異例づくめのトリプルパンチに、困惑しています。そのような中で台風13号が発生し日本に向かっています。進路予報もあっていますが、12号の迷走ぶりから予断を許さない状況にあります。

 2007年4月1日から気温35度以上の日を猛暑日と呼ぶ氷猛暑日ようになりました。 制定の理由は「35度以上の日が増え、熱中症予防のために分かりやすい言葉を求める声が多かったので」ということらしいです。

 あれから12年、さらに温暖化が進み日本各地で、 連日40度超えの暑さに悩まされています。このような状況に鑑みて「命に関わるような状況(気温)になった時に、警告を発するような言葉が必要ではないか」と(余計なこと)を考えています。例えば、「酷暑日」「炎暑日」「激暑日」「危険日」などです。

 日本に限ったことではなく、世界の各地熱中症 猛暑日で熱波の情報が流れています。温暖化を止めるまたは遅らせる手立てがあるのかどうか、まだ間に合うのか「ストップ・ザ・温暖化」などが気になるところです。

 待ったなしで進む温暖化に、「身近にできることから始めよう!」という昔からあるキャッチフレーズを思い直しています。(彼方)
スポンサーサイト

【2018/08/03 18:18】 | 環境
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック