FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 太平洋上を北上していた台風12号は、小笠原諸島から伊豆諸島で西に方向転換し、伊豆半島に上陸。伊豆半島西岸の熱海市や小田原市などが高波の被害を受けました(異例)。さらに西日本豪雨の被災地に激しい雨310261-AUT-012_201807301126248fa.jpgを降らせて、復旧作業または被災者のメンタル面に打撃を与え、九州を南下しています。その後は、鹿児島の西海上で停滞し、西に方向を変えて中国大陸に抜けるという予報です。これまでに例のない進路を辿る迷走台風は、各地に新たな想定外の被害をもたらしています。

 日本の何処で起こってもおかしくない(最近の)この種災害に対して、国や自治体が対策を実施に移すことに加え、「自分の身は自分で守る」ために、想定内(当たり前)のこととしての準備や行動、対策が必要、と専門家は力説します。しかし、その場に及んだ時に、適切な行動が取れるかどうかの自信はありません(^_^メ)。

 長崎は台風の直撃は免れ、少し強めの風と雨程度でした。今日(7/30)は「台風一過」打ち水効果もあって、朝から爽やかな晴の天気ですが、どんどん気温が上がり、猛暑日になりそうです。(彼方)
スポンサーサイト

【2018/07/30 07:05】 | 環境
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック