FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 平成30年度のシニアパソコン教室事業「アミーゴサIMG_9175_1.jpgロン」は、4月17日(火)にスタートし、6月19日(火)に第3回目が終了しました。登録会員数33人に対して第1回目の欠席者が1人、第2回目が7人、第3回目が13人でした。

 受講者の質問に応えることを基本方針にしていますが、前年度又は今年度のアンケートで「何を質問したらいいかが分からない、何か課題を与えてもらった方がよい」という人が複数人居たので、そうゆう人たちのグループ(6人)を作り「文書づくり」のテキストを渡し、自習する中で分からないところがあったら質問するようにしました。

 1か月が経った3回目に、そのグループから関連の質問があることを期待していましたが、渡したテキストに関する質問はなくて、別件の質問ばかりでした。課題を与える必要もなかったかな、との思いが頭をよぎりましたが、もう少し様子を見ることにしました。

 サポーター当番制のショートスピーチは、今回は榎本サポーターが「文字を入力して記号に変換する方法と特殊記号検索の方法について」資料を配付し、説明しました。

 ショートスピーチの題材は、サポーター間の話し合いで「アミーゴサロン」で質問を受けたものの中から、皆さんに知っておいてもらいたいものを選んで紹介するようにしています。(彼方)
スポンサーサイト

【2018/06/27 11:43】 | PC・IT・ネット
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック