FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 5月25日(金)午後6時から長崎市筑後町のホテル セントヒル長崎で、「製缶会」の総会兼懇親会が開催されました。

 「製缶会」は、元三菱重工業㈱のボイラ工作部のOB会で、現MHPS熱エネルギー機器製造部です。総会員数504人うち今回の出席者は88人(前年より10人減)でした。出席者が減少傾向にありますが、常連の高齢者が亡くなられたり、体調不良だったりで出席者が減ったことと、退職後、数年の若い人のOB会敬遠感が原因と見ています。

 「二工会」でスタートし昨年「製缶会」に改め、通算29回目の開催でした。この間、日立との合併で社名が変わったり、数度の組織改革・改編などで部名や課名も変わりました。今年は飽の浦と香焼地区に分散していた工場・事務所を香焼地区に集約したこともあって、30回の節目を前に工場見学会を開催しました。

 工場見学会には29人が参加、2台のマイクロバスに分乗し、車に乗ったまま工場を巡回、現役部長・課長の説明を聞きながら見学しました。OB会員数と同数程度の社員と協力社員で、脈々と伝統を受け継ぎながらも自動化による高効率化が進み高操業を続けていました。小生が現役時代には2,000人居た社員が500人程度になっています。

 懇親会ではゲスト「とぎつ音楽団」(5人が出演)が、懐メロの演奏で景気づけをして、カラオケ大会につなぎました。カラオケをBGMに旧友との会話に花を咲かせる人とステージに上がって熱唱する人、ひたすら飲み続ける人など、総じて盛会裏に終わることができました。

 カラオケ大会では、95歳の最高齢者の張りのある声でのワンマンショーで盛り上がりました。これに触発され、もう一人の同年の人や若手も壇上に上がり、時間の経つのが早い懇親会でした。
IMG_9059.jpgIMG_9080.jpg  IMG_9068.jpg
 写真は左から集合写真と会場全景、とぎつ音楽団の演奏風景。

 午後8時半、来年の再会を約束して散会しました。95歳までには後20年弱、頑張らんといかんばい(^_-)-☆。(彼方)
スポンサーサイト

【2018/06/04 12:37】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック