地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 社会福祉法人 時津町手をつなぐ育成会(理事長 山内 俊一 氏)が、崎野自然公園の指定管理者に指定された初日の4月1日(土)午前10時からオープニングセレモニーが、管理棟前広場で開催されました。

IMG_6169aa.jpg  長崎市の桜の開花宣言は、平年よりも6日、昨年よりも9日遅れの3月30日にありましたが、崎野自然公園の桜は1~2輪開花(左写真)した程度で、長崎市よりもやや遅れ気味でした。ようやく春らしさを感じる好天の中で、お祝の鳴鼓太鼓が披露され、山内理事長挨拶、来賓の吉田時津町長、山上時津町議会議長、三好県会議員のお祝の言葉がありました。最後に時津町手をつなぐ育成会の那須副理事長の音頭で、万歳三唱をして式典を終了しました。

 山内理事長は、今回で3度目の応募で、ようやく指定管理者に指名されたことに触れ、住民の皆さんの憩いの場として利用しやすい環境づくりをするなど誠心誠意、維持管理に努めるとの決意を述べられました。

 来賓祝辞では、時津町の手をつなぐ育成会が取り組んでいるいくつかの事業で、健全な運営をしている手腕を評価する声や本来の障害者施設・デイサービスなどと連携し、新規利用者の開拓に努めてほしいというような声が聞かれました。指定管理者の期間は、平成29年4月1日から平成34年3月31日までの5年間です。
IMG_6155.jpg IMG_6167.jpg IMG_6153.jpg 
 写真は左から 山内理事長の挨拶、鳴鼓太鼓、那須副理事長の音頭で万歳三唱。

 大村湾を望む自然な環境の中に、草スキーなどの子どもの遊び場やキャンプ場があります。家族で焼き肉パーティーや花見などは如何でしょうか。(彼方)
スポンサーサイト

【2017/04/02 13:26】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |