FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
  第66回郡市対抗県下一周駅伝IMG_5917.jpg大会は、2月19日(日)午後3時半過ぎに、長崎市茂里町の長崎本社前に全11チームがゴールし、3日間の熱闘の幕を閉じた。3日目の最終区(18区)は女子区間で、高校生、大学生、実業団のトップクラスの選手がそろい踏み、沿道の声援を背にゴールに飛び込んだ。
IMG_5916a.jpgIMG_5915a.jpg
   総合優勝は出場チーム中で、平均年齢が最も若い高校生、大学生主体の西彼・西海。2位長崎、3位大村・東彼、4位佐世保、5位五島、6位対馬、7位諫早、8位北松・松浦、9位島原半 島、10位平戸、11位壱岐。女子の総合優勝は大村・東彼、24秒差の2位が西彼・西海、3位長崎。

  長崎の3連覇を阻止した西彼・西海は3年ぶりの優勝。長崎は手堅くつなぎ底力を発揮、大村・東彼は初日7位の出遅れを挽回しての3位。順位は違うが、ビッグ3は昨年と同じ。躍進賞は、昨年の6位から4位に上げた佐世保。
IMG_5926.jpg
 一般男子の平均年齢は23.4歳、西彼・西海が19.1歳と最も若く、最も高いのは平戸の28.5歳。この大会は、男女小学生から中高生、さらには、大学生や実業団の選手がたすきをつなぐ、総合力が試される大会である。そのために、いかに優秀な選手が集められるかが、勝敗の分かれ目ではIMG_5932.jpg なかろうか。

 来年のことを言うと鬼が笑うが、若さで制した西彼・西海チームを手本(目標)に、各チームがどのようなチーム作りをしてくるかが見どころである(^_-)-☆。

 写真は上から先導する自衛隊のジープ、18区 区間新の諫早チームの森林 未来さん、西彼・西海チームのアンカー小森 星七さん、優勝チームの胴上げシーン、優勝インタビューを受ける西彼・西海の辻川 学 監督。

 陸上競技関係者や自衛隊、警察官、ボランティアで大会を支えた一般の皆さん、お疲れさまでした。そして感動をありがとうございました(^_-)-☆。(彼方)
スポンサーサイト

【2017/02/20 19:23】 | 伝統・芸能・スポーツ
トラックバック(0) |