FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
1_828.jpg   5月28日夜に長崎市琴海町の利根川ほたるの郷実行会のご案内を受け行ってまいりました。
   3_830.jpg当日は、朝から夕方まで雨が降り、人出が心配されましたが、午後4時過ぎには雨も上がり、午後6時半ごろに現地に到着すると会場までには車は行けず、かなり手前の道端に止めるよう誘導されました。まつりは午後6時開始であったため、私が着いた時には多くの老若男女が無料のそうめん流しや綿菓子、金魚すくいなどで多くの人があふれ今年もにぎわっていました。
4_831.jpg   まつりは今年で25回目を迎え、長崎市の環境行政担当者や地元出身の市議会議員、元市職員も来場され、四半世紀にわたる住民の活動をねぎらい、祝っていました。
   さて、まつりでは照明器具に一部LEDが使用され、裸電球の赤味のある雰囲気が少なくなり、時代の移り変わりを感じてしまいました。2_829.jpg(LED電球でも赤味の光を放射する裸電球が市販されていますが高価です。)
   まつりは午後7時半過ぎに幕を閉じました。会場は閑散として寂しくなりましたが、午後8時ごろ私は地元の元自治会長や行政担当者と会場から少し離れた場所にゲンジボタルの観察に移動しました。5_832.jpgそこは小さな水路と休耕田しかない場所ですが、数十匹の飛翔を見ることができ、みんなで生息環境の維持管理などホタル談義に花を咲かせました。そうしたところ、目の前をタヌキらしき動物が横切って行きみんなを驚かせました。(なづみっ子)
スポンサーサイト

【2016/05/30 19:10】 | ホタル
トラックバック(0) |