地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
IMG_0568.jpg  時津町議会報告会が7月28日と29日に開催されました。1つの班に町議3人、5班を編成して担当地区で報告会(懇談会)が行われました。元村地区は、7月28日(火)19:30から21:00まで元村1公民館で、約15人が参加して開催されました。

 議会報告が行われた後の懇談会では、地域の人でないと分からないような交通信号の不都合の話しや名所さばくさらかし岩、慰霊碑の管理についての要望などが出ました。また、町南部の当地区は世帯数が多い割には、コミュニティセンターがないので、南部コミュニティセンターの建設を検討してほしいとか高齢者サロンの予算についての確認、要望がありました。

 町議に対しては、話しを聞くだけではなく「実行に移す努力をしてくださいよ」という厳しい要望もありました。議会報告は、通り一遍のものでしたが、懇談会はいい雰囲気の中で意見が交わされました。(彼方)
スポンサーサイト

【2015/07/31 22:57】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |

無題
なづみっ子
 「実行に移す努力をしてくださいよ」は町議には困難だと思います。
 実行に移すべきは、町議の意見や質問に答えた行政が行うことだと思います。
 しかしながら、議会のやり取りを見聞きすると町議も行政も緊張感がなく、なあなあ感が感じられます。議員質問に対して行政が答弁したことがその後の議会で追及、追跡がなく、検証もされていません。言い放し、聞き放しがまかり通っていると思います。
 私も過去「報告会」に出席し、意見を述べましたが大した回答がなくがっかりしました。
 さらに、この「報告会」に行政が同席し、議員の代わりに答えていたので、議員の不勉強さが露見しました。


コメントを閉じる▲