FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。

330002.jpg 仕事場のゴミステーション「B」は100m以上離れた場所にあります。
そして、お隣りのゴミステ「A」は僅か数メートルの所です。


誠に恥ずかしい話ですが、今にして思えば何の気なしにゴミステ「A」に出すようになったのは数十年前の事。
隣人の好意もあって、いつの間にか御隣の組の一員のようになり、ステーションの綻びを繕ったりゴミの回収が終った後を掃除したり・・・・。


数年前から朝の散歩の際にそのゴミステーションを開けておくようにしました。

片手では出来ないような開閉、況してや女性の手で開けるのは大変な事。精々3~4個くらいしか出ない紙類の資源ゴミ日や燃やせないゴミの日を除いた週に4回くらいです。

 

朝一番にゴミを出しに来た奥様が、「アラ開イテルワ!!・・・」。ッテ言ウカドウカ分ッカラナイケド♪開ケテオコ♪、などと歌いながら。

廂を貸して母屋を取られるなどという箴言、廂を借りて母屋を護る、な~んて金言?が当たり前の世の中になると良いなあ。
(写真は紙類の資源ゴミ日のゴミステーションです)

(ホンバカ信者)


スポンサーサイト

【2014/03/29 17:18】 | 環境
トラックバック(0) |