地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 長崎県地球温暖化防止活動推進員の全体研修会が、長崎I・Kホテル(長崎市恵美須町)で5月26日(土)13:30~16:30、27日(日)9:00~12:30の2日間開催された。今回の研修会は、地球温暖化防止活動推進員として、持ち味を活かした推進活動の方法と他地区の推進員との情報の交換及びネットワーク作り等を通じて推進員の活動の課題や不安の解決を目的として開催された。  

2012_0527tikyukensyu0009.jpg  今期(平成24~25年度 2年)の長崎県の推進員は、長崎県知事から県内10ブロック(保健所単位)の91人が委嘱された。今回の全体研修会には約39人が参加した。


2012_0527tikyukensyu0002.jpg   26日(土)の第1日目は、長崎県の事業説明、センター支援内容説明、地球温暖化の現状とできること、今夏の節電について、休憩を挟んでワークショップ、課題はどのように伝えるか。6つのテーマに分かれグループごとに「壁新聞」を作り発表した。

2012_0527tikyukensyu0001.jpg 

2012_0527tikyukensyu0007.jpg  27日(日)の第2日目は、1日目の振り返りと講師 志賀 荘史氏の「伝え方入門講座」の講演、体験(実習)があった。伝え方、聴き方の実習を通じて、伝え方のポイントを学んだ。また人はどういうときに行動に移すかを考え発表し、グループごとに議論した。

 伝え方については何となく分かっているつもりでいたが、今回の研修会で手順を踏んで説明していただき、頭の整理がついた。(彼方)
スポンサーサイト

【2012/05/31 17:35】 | 環境
トラックバック(0) |