FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
  都大路(京都)で開催された男子大62回、女子23回全国高校駅伝大会は、男子が広島の世羅高校、女子は愛知の豊川高校が優勝した。12年連続アベック出場の諌早高校(長崎県)は、男子46位、女子20位。

 女子は、予選タイムが全国6位で、8位以内入賞が期待されていたが、何が起こるか分からない駅伝の世界、思惑通りには行かず、不本意な成績に終わったが、選手諸君は精一杯の走りを見せてくれた。

 入賞を逃したと考えるか、後ろに27チームもいると考えるかであるが、3年生は、高校生としての都大路はこれが最後、精一杯の努力、走りをした結果だからと、頭を切り替え次に夢を託していた。

 沿道で応援しながら、中学を出てからの寮生活や各種大会、故障のことなどが頭をよぎり、よくここまで頑張ってこの舞台に立ってくれたと感無量であった。また、開会式や走る姿を直に見て感動をもらった。2011_1225miyakoooji0045.jpg
  47都道府県の代表校が集う開会式は圧巻。
 





2011_1225miyakoooji0036.jpg  諌早高校男女の立派な入場行進に、会場から盛大な拍手が送られた。




2011_1225miyakoooji0062.jpg  各区(写真は2区の選手)ごとに選手全員の紹介。北海道から南へ長崎は42番目に紹介。





2011_1225miyakoooji0074.jpg  先行の2人を猛追する諌早高校の選手。






感動をありがとう!(彼方)
スポンサーサイト

【2011/12/31 15:42】 | 伝統・芸能・スポーツ
トラックバック(0) |