地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 kaigan_20110731171543.jpg7月第4週目(30日)のクッキング教室は、北コミ、時小、東コミ、福祉センター4教室合同の子どもまつり。

ウォーターフロント公園沿岸の掃除をして大村湾環境を学ぶ。芝生広場で大学生リードのゲームで遊ぶ、大人が作った料理を事前にもらった金券で買って食べるバイキング方式の食事。

天気予報では”曇り”が期待されたが、7月末のガンガンの天気。熱中症が心配されたが、子どもたちはいたって元気だだった。

一見したところ漂着ゴミは少ないと思われたが、ゴミ袋に14個もとれて子どもたちも満足げ。感想でも海が綺麗になってよかったと喜んでいた。海の魅力は掃除だけではない、中には掃除を忘れて海のミナやフナ虫など磯遊びに興じる子どもいた。

芝生広場のゲームは警ドロ。これがいつも人気、警察官役と泥棒役がいて、おっかけっこをして警察に捕まった人は牢獄に入る遊び。ジャーおじさんは牢獄の看守役になるバイと言ってもそれは受け入れてくれなかった。どろうぼうの仲間でチヤントと助け役がいるらしい。物騒な遊びだが子どもたちは水筒の水をガブガブ飲みながら汗を飛ばし走り回っていた。

最後は金券で食事を買うバイキング。カレーライス、ホットドッグ、そうめん、フライドポテト、フルーツポンチ、かき氷。人気はかき氷。中には100円のホットドッグ1個買って2人で分けて食べ、友人の100円で別の食べ物を買って2人で分けて食べる、一杯のかけそばならぬ光景もみられ楽しかった。

はたち前後の大学生と一緒に遊ぶ子どもたち。イヤ・・子どもも大学生もいい!見てる私たちも楽しい。時々胸が熱くなることがある。きっと歳のせいだろう。(蜜蜂)
スポンサーサイト

【2011/07/31 18:12】 | 子どもの居場所づくり
トラックバック(0) |