地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 SN3E0206.jpgyagi.jpg
「いただきますクッキング教室」には小学校3年生から6年生まで多くの子どもが参加している。いろんな子どもがおり楽しいのだが、小学3年生の子どもが包丁を持った時は、手を怪我しないかハラハラドキドキの世界である。

蜜蜂の家には、近所の子どもちが良く遊びにくる同学年の3年生くらいの子たち。その子たちが昨日今日料理をつくった。何も指導することもなく見事な料理、とくに飾りつけがいい。

写真左は昨日、右が今日つくったもの。大きくして見てださい。蜜蜂の晩酌の肴になった。(蜜蜂)
スポンサーサイト

【2010/06/29 19:09】 | 子どもの居場所づくり
トラックバック(0) |

我が家のクッキング
唐獅子牡丹
 間もなく還暦を迎える女房は「私、料理したくない!」と言って、出来合いばかり買ってくる。もっとも、最近近くにお惣菜のお店が出来て大繁盛。安いし、店内は老若男女でいっぱいだ(と言う事は、小生も大いに利用している)。

 40数年亭主の食い物を作り続け、今や年金暮らしのオヤジの料理を作るのが嫌になったに違いない。実家が食堂だった小生、子供の頃と同じく最近は台所で包丁を持つ回数が多くなった。(唐獅子牡丹)

コメントを閉じる▲