地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。

今日は、芽がでた大根と剪定したナスに、半熟堆肥を分厚く施した。この堆肥は、公営の清掃工場から頂いたもCA320576.jpgの。今発酵の途中で、被せていたブルーシートを取り、手で触ってみると60度くらい?!堆肥の内部は80度くらいになっているかも。

写真は、土の全面を覆うように堆肥を施したところ。クリックkkして大きくして見てください。左の黒い部分はクロマルチ、中央が大根の芽がでたところに堆肥を敷いたところ。芽がでたばかりなので、分厚く施すことができず、土も見えている。

右端は剪定したナス。ここにも再び分厚く半熟堆肥を敷いた。

このほか、今日はカブの種やほうれん草の種を蒔いた。種の蒔き方もうねを作らず、雑草を簡単にとってバラ蒔いただけ。自分で自然農法だと言い聞かせ、実験している。(蜜蜂)

スポンサーサイト

【2008/09/24 21:00】 | 園芸・菜園・農園
トラックバック(0) |

かぶの発芽確認
蜜蜂
上記カブの種とホウレンソウの種のばら蒔きから15日になる。かぶの芽はよく出ている。が、古い種だったホウレンソウは芽をだしていない。水が不足したのか種が古かったのかわからない。また蒔きなおすことにする。


コメントを閉じる▲