FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
DSCN5626.jpg
今日は、わが孫の”はっぴょうかい”。
昨年は、「ジィ~ジ~」「ジィ~ジィ」と舞台で大泣き!
先生に抱かれた孫をカメラに収めて帰りましたが、今年は”踊りました~”
2017年12月16日(土) 時津町ゆり保育園で”はっぴょうかい”が行われました。
※ゆり保育園は、今年新築となり、きれいで明るい保育園です。
 先生方も優しい方ばかりです。 保護者も安心です!

DSCN5641.jpg
”はっぴょうかい”の日程が分かってから、「今年は踊るよね~」とか「泣くなよ~」、更に「指きりげんまん!」などマインドコントロールしながら本番!

孫の成長は素晴らしかった!
でもこれが本来なのでしょうね。
結果、孫は泣くどころか絶好調!
涙を流していたのは、バアバとジィジでした!
DSCN5645.jpg
(坊の前)
スポンサーサイト

【2017/12/16 16:04】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |

将来はラグビー選手か それとも・・・
彼方
 五郎丸ポーズのお孫ちゃんが可愛いですね。

コメントを閉じる▲

ぴかぴかの一年生がまぶしい四月ももうすぐです。

ジージやバーバが買ってくれた素晴らしい学習机、

パパやママに買ってもらったランドセルも入学を待っています。

 

でも、

つぼみちゃんにはまだランドセルがありません。

それは ママだけしかいないからです。

働けないママには未だランドセルを買ってやることが出来ないからです。

 

何処かにいる、伊達直人さん

つぼみちゃんにランドセルをプレゼントして下さい。

一年生のつぼみちゃんの笑顔が見たいから。

 

(ホンバカ信者)



【2014/03/18 11:37】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |
 3月15日(金)、時津町立時津中学校(山津 和則 校長)で、第66回(平成24年度)卒業証書授与式が、卒業生194人(男93人、女103人)、在校生と教職員、副町長や教育委員長、自治会長ら地域で活動する人、卒業生の保護者などが参列し、厳かに執り行われた。

 卒業生入場から国歌斉唱、卒業証書授与、学校長式辞、教育委員会告辞、来賓祝辞、記念品授与及び贈呈、在校生からの送ることば、卒業生の別れのことば、最後に校歌を斉唱して式典の幕を閉じた。

 山津校長は式辞で、高梨 沙羅さん(スキージャンプ)と上村 愛子さん(モーグル)、2人のアスリートを例に上げ 「世界で活躍する人は、並々ならぬ努力をし、しっかりした目標を持っている。これからいろんな苦難に遭遇すると思うが、目標に向かってしなやかに逞しく強く生きよ」と述べた。

 別れのことばで卒業生代表は、「皆んなから聞いた話をまとめ別れのことばとする」と前置きし、3年間の中学生活で頑張ったことや叱られたこと、楽しかったこと、悔しかったことなどを振り返り、ここまで成長できたのも、恩師や両親、家族、地域のみなさんの支えがあってのことと謝意を述べた。話の途中で感極まって声を詰まらせる場面もあって、参列者の中には、すすり泣きする人や目頭を押さえる人も居て、最高に感動した瞬間でもあった。

2013_0315sotugyosiki0004.jpg2013_0315sotugyosiki0010.jpg 2013_0315sotugyosiki0033.jpg                                  写真は左から卒業生入場、(校長先生から)卒業証書授与、卒業生のお別れの歌の合唱(仰げば尊しと他1曲)。

 1年間預かった孫娘のたっての頼みもあって、午前9時15分集合に間に合うように、家内と2人で中学校に向かった(親とは別行動)。何十年ぶりかの卒業式であったが、いろんな面で様変わりしていて、全てが目新しく感動した。
 山津校長先生が、時中に赴任してきた時に入学した子どもたちの卒業と新体育館での初めての卒業式で、校長先生も感慨深いものがあったようだ。(彼方) 

【2013/03/16 11:36】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |
2011_1201PChosyu0002a.jpg 時津町社会福祉協議会からの委託事業、「年賀状づくり(文面)」のパソコン教室(週2回 10回コース)は、11/25(金)で終了したが、受講者の要望もあって補習講座2回(11/29&12/1)を追加実施した。

 補習講座には、本講座参加者13人中、8人が参加し、個々の受講者の質問に講師が応えるマンツーマン方式で実施した。

 1人の受講者に掛かりっきりになり、他の人が「聞きたいことも聞けない」ということになりはしないか?危惧されたが、皆さん質問したいことをメモしてくるなど、協力的に補習講座に臨んでくれたお蔭で、それぞれが抱える問題や疑問、分からないことに応えてやることができた。中には補習講座範囲外の宛名づくりを習いたいという方もいて、講師陣(初日4人、2日目3人)が対応に追われる場面もあった。
 
 受講者からは「子供に習うと最後は喧嘩になる。基礎から習って来いと言われて来た。これまでは、頭がこんがらがって、分からないところが分からない。何を尋ねたらいいのか分からなかったが、今回、教えてもらって頭の整理がつき、質問もできるようになった」という声も聞かれた。
 
 ノート型パソコン持ち込み講座は、OSが多岐にわたるために、OS別に説明しなければならないなど、手間も懸かり、対応に追われる苦労もあった一方で、アットホーム的な和やかな雰囲気の中で、楽しく学習できたのがよかった。(彼方)

 今回のパソコン教室のホームページにリンク(下記URLをクリック)
 www.togitu.org/togidata/t111025pckyositu/t111025pckyositu.htm

【2011/12/02 08:12】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |
2011_0522yukino0006.jpg  5月22日(日)、時津町立時津東小学校の運動会。孫から出場種目にマークを付けたプログラムと招待状が届いた。
 親(娘)からは、今年は自分が行けないからと、弁当づくりから当日の孫の世話まで全権を委任された。
 一方、おばあちゃんとおばちゃん(孫の母の妹)は、前日から買物、夜遅くまで弁当づくりに追われ、可なりの重労働を強いられたが、久し振りの本格的な弁当づくりを楽しんでいた。出来上がりは重箱2セット分の料理とデザートの果物、ジュースにお菓子類だ。

 運動会当日の応援団は、我が家の3人(じい・ばあ・おば)と孫の父親&姉(中2)、その他、おじいちゃん、おばあちゃんを含めた沢山の保護者の方々や兄弟(姉妹)など。今年のスローガンは、「にじのように かがやけ!東っ子」。色別対抗リレー(Aチーム戦)に始まり、色別対抗リレー(Bチーム戦)で終った。途中に個人競技や団体競技、表現など、各学年、工夫を凝らした26項目(かけっこを含む)の出し物など、短期間によくここまで仕上げたなぁー!と先生方の努力に感謝(^^♪。
 2011_0522yukino0012.jpg 
2011_0522yukino0045.jpg 2011_0522yukino0019a.jpg




 写真は左から1~6年生の色別対抗玉入れ、4年生の表現(ダンス) ソーラン節、4年生の学団(騎馬戦) 浜田郷合戦(浜田郷は学校所在地)。児童の皆さんは、スローガンのように「虹のように 輝いていた」。昔は定番であった騎馬戦や棒倒しは、最近あまり見なかったが、久し振りに騎馬戦を見ることができた。4年生の孫は、ソーラン節で完全燃焼。6年生になったら「組体操」で1番上になりたいと言っている。目立ちたがり屋か楽(らく)したいのか、その真意は分からない

 
家族で食べたお昼もおいしかった。おばあちゃんとおばちゃんにも殊勲賞をあげましょう。運動会終了後、16:15から佐世保で行われるもう1人の孫(高3)の県選手権大会の応援に駆けつけた。超多忙!(彼方)

【2011/05/27 09:33】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |
そつぎょう
今日16日は時津小学校の卒業式。6年生107人が、下級生や学校の先生、地域の学校関係者の皆さんに送られて小学校を巣立って行った。

クッキング教室や環境学習などでお馴染みのあの子もあの子も緊張気味に校長先生から卒業証書をもらっていた。

校長先生は、6年生は校内清掃などで、下級生の子を指導し、長縄とびでも856回から858回と昨年の記録を更新した。

6年間1回も学校を休まなかった子が2人もいた。大樹は根を広く張っている。、中学生になっても、志を高くもって努力して欲しい。と、祝辞をのべた。

ランドセルに抱えられるような姿だった、あの小さかった子どもが、卒業していく姿には感慨深いものがあった。(蜜蜂)

【2011/03/16 19:05】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |

今日は時津小学校の創立140周年事業。時津小学校創立は明治3年3月、徳川幕府が終わった直後。きっと新しい時代を迎え新しい教育を始めよという時津村の村人の教育界は夢を見ていただろうと思う。

DSCF7006.jpgDSCF7008.jpg当時、時津は時津街道と言われるように人の往来が多かった。小学校の校区として浦上村、長与村も対象範囲だったそうだ。式典の中で校長は、140年間の間、植物も動物も人も誕生し死に営々と命を営み進んできた。先人を敬い人を愛し将来の夢を描こう、140周年をそんな大きな節目にしよう!そんな趣旨のことをおっしゃった。なかなかいいお話だった。

式典のあと記念碑の除幕を行い、子どもたちの手紙を入れた風船のリリース。飛んでゆく風船には子どもたちの夢いっぱい詰まって天高く飛んで飛んでいるよういに見えた。

今、カンボジア支援レポートをこのブログに載せている。貧しいプレアプット村の学校には井戸も電気もトイレもなく校舎は傷み教育環境は劣悪。井戸づくり、図書室づくり、校舎のペンキ塗りを終えて帰ってきたばかり。明治3年時津小学校が設立された当時、おおくの先輩たちが学校建設に携わってきただろうことと、カンボジア支援の今の取組みが頭の中で重なっていた。写真は町民の募金でたてられて記念碑、その右手紙を入れてリリースされて風船(蜜蜂) 


【2010/11/28 18:55】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |
当NPO会員下村千枝子先生らの保険医協会「医療と福祉を考える会」が講演会を開催します。

給食がないので夏休み明けたら10キロも痩せた中学生。卒業アルバム代が払えず持たないまま卒業していった子がいた・・

児童虐待と子どもの貧困の実態が見えてきそうです。ぜひ参加し聴講してください。


11月6日(土) 14:00~16:00 (明日です)

講師:立教大学コミュニティ福祉部 福祉学部教員
浅井 春夫氏

ところ:長崎市駅前・交通会館(県バスターミナル)3F
「えきまえ」いきいきひろば第11号室

参加無料。保育室あります。(蜜蜂)          


【2010/11/05 10:08】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |
DSCF1324_20100919040113.jpg
 私、骨折した左手でソフトクリームを頬張っています。1ヶ月ギブスをはめ、その後も2週間「添え木」(入浴時はずす事が可)の装着を余儀なくされましたが・・・。

 一方、祖父はまだ歩くとき若干痛いそうです。特に階段を下りる時(祖父の自宅は3階にあります)。ま、年の差(70-4=66)でしょうネ。しかし祖父も来月には完治するでしょう。痛みも除々に薄れているそうですから。

 かって、二人揃ってギブスをはめている写真を掲載しましたので、もしかしたらご心配のむきもあろうかと思い、ご報告致しました。(唐獅子牡丹)

【2010/09/19 04:20】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |

やがて治癒しなくなる?
蜜蜂
子どもの治癒力と老人の治癒力には差があるんですね。お2人おめでとうございます。不自由されたことでしょう。小生も階段を昇降する時は必ず手すりを持つようにしています。・・・老人はそのうちに治癒しなくなる?でしょうから!



おめでとうございます
彼方
 お孫さんのギブスも取れアイスクリームを手にした写真を見て安心しました。おじいちゃんの早期回復を願っています。リハビリなどこれからやらなければならないメニューがあると思いますが、あと一踏ん張り頑張ってください。
 私の息子は小6と中1のときと2回骨折、最初は足で、2回目は手でした。私自身も鎖骨を2回骨折しました。息子には骨が折れたぐらいでくよくよするな「男の勲章だ」と言って励ましたのを覚えています。
 先日、家内の姉が第12胸椎を骨折入院中です。現在、病院内を歩いたり、あちこちを伸ばしたりなどリハビリ中です。原因はご主人(87歳)をタクシーに乗せようとした時に、2人ともよろけて倒れたことによるものだそうです。年寄りの骨折は命取りになることもあります。また、災難の芽は思いがけないところに潜んでいます。お互いに年と相談しながら行動するようにしましょう。(彼方)

コメントを閉じる▲
2010_0904hapyokai0011a.jpg 
2010_0904hapyokai0026a.jpg 昨日(4日)、NBCビデオホールで開催された絃洋会楽器店主催の「第6回ピアノフェスティバル」を鑑賞した。ピアノを習っている孫娘(小3)から招待状をもらい、我が家から3人が、父母と合わせ5人の応援団が駈けつけた。日ごろは口数の多い孫も、さすがは緊張の様子で口数が少なかった。
 昨年に続いて2回目の出場であったが、一応の格好はできていたし、スムーズに弾けたようだ。ミスがあったかなかったかは小生には分からない。以前は家での練習中に、おじいちゃんにも教えてやると言って教えてくれたが、能力なしと思われたか最近では声が掛からなくなった。招待状が届くのもあと数年ではなかろうか、中学生になると来るなと言われそうで、今のうちに精一杯楽しみながら期待に副うように務めている。
 5日程前に発表会に着る服を買いに行くからと、誘いがあって家内も付いて行ったときの事、最近、自分(家内)が着れるのは、どんな物があるかなと思い物色していたところ、孫が「おばあちゃん心配しなくてもいいよ、発表会に出るのはゆっきーだから、おばあちゃんは今着ているのが、きれいで似合っているからそれでいいよ」と言われ、思わず手を引っ込めたと話していた。家内も自分の服を買う積りだったのだろう、孫から1本取られ可なりショックのようだった。じいや母親が言わせたわけでもないのに、的確におばあちゃんの心理を捉えた孫の一言は効いた。してやったり!(彼方)

【2010/09/05 17:31】 | 育児・教育・学校
トラックバック(0) |

お孫さんのピアノ
唐獅子牡丹
 「彼方さん」の笑顔が見えるようです。いつまでも招待状が届きますように!お孫さんも大事ですが、奥様も。サプライズに新しい洋服をプレゼントしたら、もっと大切にされますよ。きっと。

 NBCビデオホールは昔の職場(管理運営はNBC興産の担当でした)。懐かしかったデス。  (唐獅子牡丹)

コメントを閉じる▲