地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 カンボジア第2の都市 バッタンバムの児童養護施設で、ボランティア活動をやられている岩田 亮子さんが、ノリア孤児院の子ども2人(マイちゃん14歳とマリリアちゃん11歳)を連れて9月5日に来日し、11月5日に離日の予定で、北は北海道から南は九州まで、各地のボランティアの皆さんと打ち合わせをしたり、学校訪問をし授業風景を見たり、給食体験をするなど子どもたちに貴重な体験をさせています。

DSC_0075.jpg 長崎では、途中合流したボレイ(25歳)君を加え、当法人のカンボジアにゆかりのある8人とで、10月3日(火)に時津町浜田郷の「焼き鳥 すご六」で、ミーティング(歓迎会)を行いました。カンボジアの最新情報を聞き、無邪気で素直な子どもとの会話を楽しみました。写真右列手前から岩田さん、マリリアちゃん、マイちゃん。左列2人目がボレイ君。

 ボレイ君は昨年来日し、福岡で電気関係の学校に通っています。昨年も長崎に来ましたが、卒業後も日本で就職する予定です。前述のマイちゃんとマリリアちゃんは、日本語の勉強を始めて6か月だそうですが、日本語の発音も確かで、通常の挨拶ができるぐらいは喋れます。上達の早さに驚きました。

 岩田さんは、カンボジアに行ってから8年、孤児院で子どもたちを見ているうちに、自分で稼いで自分で生きる仕組み作りをしないといけないという思いがあって、自分たちで作った米や野菜で、料理を作ってお客さんに振る舞う「カフェ HOC(Hope Of children)」というレストランを開店しました。1年が過ぎ子どもたちに任せられるところまで来たと仰っておられます。子どもといっても20歳を過ぎた子もいるとのことです。持続可能な自立支援の仕組みが、軌道に乗るには2年は掛かるだろうと語っています。

 カンボジアの次代を担う子どもたちが、日本のボランティアの人たちの 教えを受けて、カンボジアと日本 両国発展の架け橋になることを期待しています。(彼方)
スポンサーサイト

【2017/10/04 18:25】 | 国際交流・協力
トラックバック(0) |
 第62回県展が、9月18日~10月1日までの予定で、長崎県美術館で開催されています。主催は、県、県教委、県美術協会、県文化団体協議会。後援が、長崎新聞社などです。
IMG_7097.jpgIMG_7095.jpg  IMG_7085.jpg
IMG_7103.jpg IMG_7105.jpgIMG_7108.jpg 

IMG_7090.jpg  新聞の入賞者欄に、Tさんの名前があるのを見て、家内と一緒に、9月26日午後、長崎会場の県美術館を訪れ、展示されている入賞・入選作品782点を鑑賞しました。日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真、デザインの7部門から1522点の出品(前年より1店減)があったそうです。この分野に無趣味な小生には、作品の良し悪しや優劣などについては、全く分かりませんが、人間技とは思えぬ力作の数々に圧倒されました。上の写真の「縦長の書」右側がTさんの作品です。

 ブラジル勤務時代からの仕事仲間であった80歳のTさんから 「わざわざメールありがとうございました。『下手の横好き』とか申しますが、この年で少しでもましな文字が書ければと、ぼちぼちとやってきましたが、丁度20年目でした。天は見捨てなかったのか、まだまだ先へ進めと叱咤激励しているのか、最高賞ではなかったので、これからも命ある限り牛歩のごとく、ぼちぼちやって行きたいと思っております」と意欲満々のメールを頂きました。因みに、Tさんは「丑年」です。「努力は人を裏切らない」とか「思い続ける者が勝つ」という格言が脳裏をよぎりました。おめでとうございます。

 自分を取り巻く環境を鑑みて、目に止まったのがデザイン部門の「そつぎょうしょうしょ」と「親の責任・子の義務」(下の2枚の写真)。役割りを終え、免許証を返納したおじいちゃんへの孫からの感謝の気持ちを表した卒業証書と現在の世相を、二つの言葉と画像で表現した作品が、分かりやすく印象的でした。
IMG_7111.jpg IMG_7112.jpg

 その他会場の予定は、佐世保会場(島瀬美術センター)10月5日~15日(10日休館日)。諫早会場(諫早市美術・歴史観)10月19日~29日(24日休館日)。移動展、東彼杵町(歴史民俗資料館)11月2日~5日)、南島原市(ありえコレジヨホール)11月9日~12日)、新上五島町(石油備蓄記念会館)11月16日~19日。(彼方)

【2017/09/27 17:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
  8月10日(木)に実施した時津町立時津小学校JRC(青少年赤十字)リーダーシップトレーニングセンターのIMG_7053.jpgメンバー(5~6年生 33人)が作ったカンボジアの子どもたちへのメッセージ集(5冊)が完成し、当法人に託されました。左の写真は、B5サイズに三つ折りした表紙の部分です。

 このメッセージ集は、事前にカンボジアに送り、11月末に予定している現地訪問までには、カンボジアの子どもたちが判読できるように(翻訳)して、訪問団が現地で手渡します。

下の写真は、開いた状態で上段が表紙側で、下段がメッセージのある側です。
IMG_7065.jpg IMG_7067.jpgIMG_7070_1.jpg
IMG_7061.jpgIMG_7058_1.jpgIMG_7063.jpg 写真は、何れもクリックすると拡大します。

 8月10日(木)の時津小校内トレセンでのカンボジア支援品の梱包作業の様子は、下記URLをクリックしてご覧ください。
www.togitu.org/togidata/t170810toresen/t170810toresen.html

このような形での日本とカンボジアの子どもたちの交流が、両国の橋渡しになればとの思いがあります。(彼方)   

【2017/09/22 16:47】 | PC・IT・ネット
トラックバック(0) |
 本年度からスタートした時津町社会福祉協議会と共催の「アミーゴサロン」は、4月18日(火)にスタートし前期(6回)が終了しました。10月と11月は、「やさしいパソコン教室」を開催するために、「アミーゴサロン」はお休みし、12月19日(火)から後期(4回)がスタートします。

IMG_7047.jpg  「アミーゴサロン」は、時津町内在住者で60歳以上の方を対象にしたパソコン教室です。パソコンを一つのツールとして高齢者が集い、ワイワイガヤガヤ健康で長生きすることを目的にしています。

 1年ごとに更新の会員制で、本年度は23人でスタートしましたが、途中1人IMG_7049.jpgが追加入会し、現在の会員数は24人です。80歳代が3人、最高齢者は82歳で す。特に課題は与えず、出席会員の質問にサポーターが答えたり、会員同士で教え合ったりという教室です。

 5人のサポーターは全て、60歳以上の「NPO法人コミュニティ時津」の会員です。奥の深いパソコン界なので、会員からの質問も種種雑多、その場で答えられない案件は持ち帰って調べ、次回、答えることにしています。故に、サポーター自身の自己啓発の場にもなっており、この教室では「講師」という呼び方はせずに「サポーター」と呼んでいます。

 初の試みであるがために、こういうやり方でいいのか自問自答、暗中模索のスタートでしたが「案ずるより産むが易し」。参加者の皆さんも、即、教室の方針に慣れて「もっと回数を増やしてくれ」との要望があるほどで、先ずは順調に滑り出しました。(彼方)

【2017/09/22 11:41】 | PC・IT・ネット
トラックバック(0) |
 大型台風18号が九州に接近する9月16日(土)の午後4時から、カンボジアの恵まれない子どもたちへの支援物資の梱包作業を行いました。台風の長崎直撃は免れそうな予報を信じての作業でしたが、約2時間の間、風もなく雨がパラパラ降る程度で、支障なく梱包作業を終わらせることができました。今回の梱包作業には、T氏の愛猫 黒猫ちゃんも参加しました(^_-)。

IMG_7045a.jpg  14個のダンボール箱に詰めた文房具や衣類などの支援物資は、連休明けの19日(火)に西彼杵郵便局が集荷し、国際郵便(船便)でカンボジアに送ります。輸送期間は、通関などを含め2か月弱を要します。

 今回は、時津町立時津小JRC(青少年赤十字)のトレセンや長崎県体協、IMG_7041a.jpgはあとんぷ(小学校の先生のバンドがチャリティコンサー トを開催)、その他一般の方々から沢山の支援物資が寄せられました。ユニークな物として、野球のグローブがありました。

 支援物資の現地着に合わせ、11月末に訪問予定の当法人の会員が、現地の恵まれない子どもたちに、直に(手渡しで)届けます。

 毎回支援物資を寄せて下さる方や初めてですがと言って問い合わせの上で、ご協力いただいている方々に、この紙面を借りてお礼を申し上げます。カンボジア支援については、物資支援と併せ自立支援にも力を入れておりますので、変わらぬご支援、ご協力の程、よろしくお願い致します。(彼方)

※ 追伸
 本日、17日(日)に予定されていた地域自治会の敬老会は、16日(土)早朝に中止決定の連絡がありました。高齢者のお祝だけに、安全を最優先にした賢明な措置だったと思います。正午現在、長崎はそれほど強くない風雨ですが、未だ油断できません。引き続き警戒が必要な状況にあります。(彼方)

【2017/09/17 07:46】 | 国際交流・協力
トラックバック(0) |
 8月24日(木)午後3時から約1時間半、時津公民館 研修室で、「つたえる県ながさき」の取材を受けました。「つたえる県ながさき」は、これからの長崎県を伝える広報誌として、毎月、県内の全世帯に配付されております。

 今回の取材は「NPO法人コミュニティ時津の活動状況を、11月号で紹介をしたい」との話が、県庁の広報課からあって、これに応じ実現しました。

 取材班は、広報課から山口 沙貴 主事、企画・編集オフィス ノンブル 代表クリエイティブディレクター河村 則子 氏、デザインスタジオ ヨンエフ 代表 吉田 隆 氏、JPS 日本写真家協会会員 松尾 順造 氏の4名でした。

IMG_6810.jpg  当法人から理事6人(田窪・宮崎・友岡・太田・清浦・原田)が出席し、取材班の河村 氏の質問に答える形で、進められました。時津町の自慢は?名所は?という質問があったことから「NPO法人コミュニティ時津」の活動を通して、時津町の紹介をするのが、主目的だったように感じました。とすると取材を受ける側の準備不足もありましたが、出来上がりを楽しみにしています。

 11月号に、乞うご期待!です(^_-)-☆。(彼方)

※ 追伸
 「つたえる県ながさき」に、掲載された記事の一部は[よかテレ]検索で、動画で見られます。

【2017/08/27 07:17】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |


カナリーっ子
 私をして個人的な意見として申し上げれば(遅きに失したのではないのかな、とは云え県広報課のコミトギへの取材がやっと来たか。)と心から歓んでいます。 ただ心から願うことは、(取材を受ける側の準備不足)ではなく、取材する側がコミトギの歴年の素晴らしい活動実態を適確に理解し、評価してその存在を幅広く紹介してくれるであろうか、と云うことです。 地方のNPOとして全国的にも誇りうるものであるとその活動にかねてから永く敬意を表し続けている者として、この機会にコミトギの存在が行政的にも認識評価されんことを心から期待しております。 田窪理事長さんわ始め、役員皆さん方のさらなる素晴らしい活動が継続伸展されんことを。

ありがとうございます
彼方
 過分の賛辞をいただき恐縮しています。お陰さまで当法人も14年目に入りました。「楽しくなければボランティアではない」を念頭に、背伸びしないで、出来ることを出来る範囲でやっています。今後も変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。(彼方)


なづみっ子
 お疲れ様でした。
 昔はカメラ撮影もインタビューも行政職員が行っていましたが、最近はカメラマンもインタビュアーもプロが行っているようで、さらに動画ということで仕上がりが楽しみです。
 どのくらいの視聴率かわかりませんが、近年の県の印刷物やTV広報は質が高いと思っています。多くの人に(特に時津町民)に見ていただければと期待しています。

コメントを閉じる▲
IMG_6704.jpg  8月6日(日)午前11時から時津町元村郷の「原爆碑・疱瘡墓」で、濱岡 英明さん(元村郷在住)を代表とする有志一同による第2回慰霊祭が、総勢 約30人(うち子ども7人)が参加して開催されました。

 今回は、濱岡代表の「慰霊碑に懸ける思いを、IMG_6680.jpg 我々の世代だけで終わらせてはいけない。次の世代に伝えて行かなければ」という強い思いがあって、子ども育成会に声を掛けて、子どもの参加もありました。

 碑の横には献鶴台が設けられ。自治会の子ども育成会と高齢者サロン折り紙教室の皆さんが、願IMG_6687.jpg いを込めて折った千羽鶴が、供えられました。 

 式次第は次の通りです。
 黙祷⇒開会挨拶(中島 洋一 元村一自治会副会長)⇒今回の催しの経緯について(濱岡代表)⇒来賓あいさつ(新井時津町議会 副議長)⇒報道紹介(時津町広報 山口町議、長崎新聞 犬塚 泉 IMG_6694.jpg 西彼支局長⇒千羽鶴お供え(貞方 絹代 高齢者サロン副会長、育成会代表)⇒閉会あいさつ(一瀬ズッコケクラブ会長)⇒線香あげ(適宜お参り)。行事進行役は、周辺の地主 立山 末吉さんでした。 

 一昨年、元村一公民館で行われた町政報告会で「元村には江戸時代に伝染病(疱瘡)で亡くなった人を埋葬した疱瘡墓があり、IMG_6697.jpg 同地に原爆の犠牲者も葬られているが、長年放置され荒れ放題になっている。時津町の管轄と聞いているが、町で整備してもらえないか」という要望があったのが発端で、町が予算を付け、現在地の右前方の埋葬地にあった慰霊碑(昭和59年建立)を、移設し周辺を整備しました。昨年8月には、満行寺の住職さんを呼んで、第1回慰霊祭を開催しています。

 本件に関しては、皆さんの記憶も薄れ、言い伝えも確たるものが有りませんでした。一連の流れの中で長崎新聞社の記者 犬塚 泉 西彼支局長が調査し「名なき いしぶみ」という連載記事(上・中・下)を、今年のの3月7日、8日、9日号に掲載しました。
 その後、この碑のことを耳にした長崎市の被爆者の方が、お参りに来たときの取材記事が「被爆死の弟は きっとここに」という見出しで、5月29日号で紹介されています。

 これらの記事は、小生が変に編集してお伝えするよりも、原文をそのまま読まれた方が、感動すると思います。下のURLをクリックしてご覧ください。cse.google.co.jp/cse 

 濱岡有志代表は「原爆碑と疱瘡墓については、どのような経緯があってのものかを、殆ど知らなかったが、長崎新聞に連載していただいたお陰で、よく理解できました」と、犬塚西彼支局長に感謝の気持ちを伝えていました。

 所在地は「さばくさらかし岩」の南面(長崎市側)、時津南公園駐車場から歩いて5分のところにあります。傍の遊歩道を登って先に進むと、とぎつカナリーホールに出ます。(彼方)

【2017/08/07 16:01】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 8月4日の「橋の日」に合わせ、長崎女子商業高校 生徒会の7人が、長崎市の眼鏡橋と周辺の清掃を行った。というテレビ報道があっていました。このボランティア活動は先輩から受け継がれ、9年前から行っているそうです。

 皆さん「橋の日」をご存知でしたか?
 「は=8、し=4」の語呂合わせに由来し、昭和60年(1985年)に延岡市の湯浅 利彦 氏が提唱された宮崎発祥の記念日で、「河川と橋を通し郷土愛を培い、河川の水質向上を図る」ことを目的に制定し、日本の各地でいろんな催しが行われ、全国展開されているそうです。

   さて、国道206号線の古川橋(長崎県時津町 時津川)の架け替え工事は、一昨年の10月に完工しましたが、現在は、その上流の長坂橋の架け替え工事が進行中です。長坂橋は、長崎市から時津港に向かう途中の継石バス停先の信号を右に入って約100㍍直進し、右に曲がる「スカイタウン時津」入口の橋です。
IMG_6552.jpg IMG_6556.jpgIMG_6565.jpg  
 写真説明:国道206号線から旧道に入り約100㍍走ると、工事現場に突き当る。迂回路を右に曲がる(仮橋を渡る)と、工事施工関係の掲示板が目につく、その先に「スカイタウン時津」という標識(右端写真)があります。

IMG_6557a.jpg IMG_6564.jpgIMG_6561.jpg  
 下部工事(土台、基礎部分)は平成29年9月12日までで、施工業者は、株式会社 別所組です。下部工事が終わってからの上部(橋桁)工事は、古川橋の架け替え工事と同様に、施工業者が代わって行います。6枚の写真は、6月3日に撮影したものです。

 昭和57年(1982年)7月23日に発生した長崎大水害を教訓に、100年に1度の災害にも耐えられるようにとのコンセプトで、施工されている時津川河口からの拡幅工事の一環で、この架け替え工事が行われています。写真左の看板には、長崎大水害の時の写真があります。

 拡幅工事の計画は、時津川河口から鳥越橋(長坂橋のもう一つ下流の橋)までを、2020年までに完成させる予定と聞いていましたが、その後の計画変更などがあって、なかなか予定通りには行かないという担当者の話もあります。長坂橋の架け替え工事は、初期の計画からすると先行工事になっています。

 九州北部豪雨災害などのように、山ごと根こそぎ持って行かれるような災害にどう対処するか、人類が難しい問題に直面しているように感じていますが、出来るところから出来る範囲でやるという風に、行動・実行に移すことも大切なことだと思っています。

 「橋の日」(8月4日)にちなみ、時津川の橋の架け替え(拡幅)工事を話題にしました。(彼方)

【2017/08/05 06:24】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 1500177359054.jpg  夏の風物詩ペーロン大会が、長崎の各地で開催されています。時津町のペーロン大会は、西時津郷7工区護岸を会場に、7月16日(日)午前8時20分から開催されました。

時津町ペーロン大会結果(H29)  炎天下に、一般(大人)と中学生(時津中、鳴北中のクラス対抗戦)の競漕に、アトラクションでは女性チームが力漕するなど、時津町の大きなイベントの一つで、毎年大盛り上がりの大会です。

 一般の部(10チーム)の優勝は、日並チームで、昨年優勝の元村は2位、3位が西時津でした。日並は、昨年の雪辱を果たし2年ぶりの優勝。昨年初優勝の元村は2位で、実力が付いて来ました。西時津は昨年2位で、初優勝を狙っていますが、今一歩届きません。躍進賞は、昨年最下位の野田、タイムを1分9秒5短縮して意地の7位です。

 小生は残念ながら、今年のペーロン大会の取材も応援もできませんでしたが、某自治会長さんから結果表を頂きましたので、ご紹介します。詳細は上表をクリックし、拡大してご覧いただくと、良く見られます。写真は、当法人の清浦理事に提供いただきました。

 出場チーム(各地区)は、選手集めから練習の炊き出し、当日対策など大変です。また、主催者(実行委員)は、テント張りなどの場所設営や後片付け、出漕順(プログラム)の作成・進行など、裏方としての仕事があります。

 町民の総力を結集した大会が無事終了しました。これでまた、地域の絆がしっかりしたものになったと思います。皆さん、本当にお疲れさまでした。(彼方)

【2017/08/02 17:16】 | 伝統・芸能・スポーツ
トラックバック(0) |
 6月4日(日)の町内一斉清掃の記事を最後に、ブログにアップできない状態が続き、ご迷惑をお掛けしたことを、お詫び申し上げます。今日を復帰日として地域情報を発信してまいりますので、これまでと変わらぬご高配の程、よろしくお願い致します。
健康1  6月10日(土)、急性肺炎で光晴会病院に緊急入院し、抗生物質などの点滴治療を受け、7月1日(土)に退院しました。21日間の入院中は、高熱に悩まされましたが、主治医や看護師さんたちの懸命な治療と入院中に、お見舞いいただいた皆さん方の励ましの言葉のお陰で、無事に生還することができました。

健康6  咳が残っており、以降は外来で様子を診ましょうということになりました。7月6日と13日の2回通院しましたが、13日の主治医の所見は「血液検査の結果、腎臓や肝臓を含め正常値に戻りました。入院時[29]あった炎症を見るCRPは、0.21(基準値 0.45以下)まで下がりました。レントゲン検査では、左肺の下方に濃い影がありましたが、だんだん薄くなり確認できないくらいになりました。これ以上、ここで治療することはありませんが、まだ咳が出ているようなので、咳止めの薬を処方し、もう1回7月25日に診ましょう。後は近くの掛かり付けの医 師に診てもらってください」というものでした。

健康3  ある意味完治宣言をしていただいたようなものですが、体力の衰えを回復するところまでには至っていません。来週ぐらいから体を慣らしリハビリに努め、お盆前ぐらいを目途に、元の状態に戻したいと思っています。

 自分が肺炎に罹るとは、考えもしなかったことでした。ここのところ行事が重なり、知らず知らずのうちに、疲れやストレスが溜まっていたのだと思っています。今後は、年相応に無理をしないことを肝に銘じ、健康第一で過ごします(^_-)-☆。(彼方)

【2017/07/16 11:37】 | 未分類
トラックバック(0) |