FC2ブログ
地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
 10回コースの「やさしいパソコン教室」は、10月23日(火)に前半の6回が終わり、年賀状の文面が完成しました。受講者の皆さんの力作が時津町総合福祉センターのロビーに展示されましたので、是非足を運んでご覧になってください。
IMG_1383.jpg IMG_1387.jpg

 教室の後半は、3週間のお休み(冷却期間)を入れて、11月13日(火)に再スタートしました。残りの4回でエクセルの宛先名簿を作り、差し込み印刷をします。最終回の11月27日(火)までには年賀状の両面が出来上がります。
IMG_1384.jpg IMG_1390.jpg IMG_1392.jpg
 来年の元旦には、おばあちゃん、おじいちゃんがマイパソコンで作った自慢の年賀状が届くことでしょう。めでたし めでたし!です(^_^)/~。(彼方)
スポンサーサイト

【2018/11/13 18:23】 | PC・IT・ネット
トラックバック(0) |
いつもは横目で見ながら、、、、の通い慣れた道すがら

 今日は 

 「お休みにしましょうか」、、、、、、、  「そうしましょう。お休みです」

 になりました。

 ラッキー!!!!!🎵 な気分ですっ!!!!!🎶


      https://blog-imgs-123.fc2.com/t/o/g/togitu/syutunoyuuhi3.jpg

 きれいな外海の夕日。



 いつも先をいそぐ私

 それを横目で見ながら

 何時かはこの夕日を見るためにだけに来よう

 と願ってるのですが、なかなか出かけることが出来ずにいました。


 今日は神様からの ”贈りもの時間” なのでしょうね


                  https://blog-imgs-123.fc2.com/t/o/g/togitu/syutunoyuuhi2.jpgsyutunoyuuhi2.jpg


 夕方の冷えびえした空間を歩き、下の方へも。

 
 忙しい毎日の中に少しの癒しの時。

 本当に神様からの贈り物です


 心の中に新しい風をかんじながら帰路につきました。(kamekomama)




 





【2018/11/11 12:13】 | 観光・景観・風景
トラックバック(0) |

  11月2日(金)雲仙・小浜マラソンコースで行われた都大路を懸けた長崎県高校駅伝で、女子は長崎商業高校が、男子は松浦高校が全国切符を手にした。

 女子の長崎商業は、諫早高校の24年連続25回目の全国出場を阻んでの初出場。諫早高校は、県大会での出場権は逃したものの18日(日)に福岡県嘉麻市で行われる北九州地区(長崎、福岡、佐賀、大分)大会で、各県2,3位のうちで1位になれば出場権を獲得するという道が残されている。これは女子の全国大会が第30回記念大会で、出場枠が増加したことによる措置である。

 1区で長崎商業の廣中 璃梨佳選手が2位の諫早高校に1分46秒の差をつける区間新の快走で2区につなぎ、2区から4区までで25秒差まで詰め寄られたが、アンカーの濱添 麻那選手が区間賞の走りで1分差にしてゴールした。廣中選手の区間新は、1999年に藤永 佳子(諫早高OG、現監督)選手が樹立した記録(18分44秒)を19年ぶりに15秒更新してのもの。

 女子(10時スタート 5区間 21.0975㌔)の順位は、1位 長崎商業、2位 諫早高校、3位 長崎女子、4位 川棚、5位 鎮西学院、6位 長崎南。

 男子(12時スタート 7区間 42.195㌔)の順位は、1位 松浦、2位 鎮西学院、3位 瓊浦、4位 創成館、5位 川棚、6位 西海学園。

 優勝校は、12月23日(日)京都 都大路で行われる全国大会へ出場。1位から3位校は、11月18日(日)福岡県嘉麻市で行われる北九州大会に出場する。県大会2位の諫早高校の女子は、前述のごとく全国大会出場権獲得のチャンスが残されている。記録は破られるもの、気を取り直して全国目指して諫高ファイト!

 朝8時に家内と2人で家を出て小浜のコースを下見し、9時半には孫が走る1区(6㌔)の残り1㌔地点で、ラジオで結果報告を聞きながら待機。目の前を通過する1~3秒の間、声を張り上げて応援した。その日の夜、孫から「1番きついところで、声が聞こえて頑張れたよ、ありがとう」というメッセージが届いた。

 女子が終わったところで、小浜ちゃんぽんを食べて帰路についた。12時スタートの男子の試合は車の中で、リラックスしてラジオを聞いた。

 女子の長崎女子と男子の創成館が躍進。女子は、諫早の24連覇が阻まれたこともあって、男女ともに県高校駅伝界は、戦国時代に入りそうだ。

IMG_0996a.jpg IMG_1008a.jpgIMG_1017a.jpg 
IMG_1082.jpg IMG_1065.jpg IMG_1096a.jpg
 写真上段左から1区首位通過の廣中選手、トレードマークの帽子が目印。3位グループのデッドヒートと右写真は、6位の選手を追う7,8位の選手。下段は沿道の観衆が、選手の通過を待っているところ。(彼方)


【2018/11/03 07:34】 | 伝統・芸能・スポーツ
トラックバック(0) |
 10月18日(木)と19日(金)に、熊本市民会館で開催された「第48回九州ブロック社会教育研究大会」で、とぎつ子どもの居場所づくり実行委員会(田窪 幸男 会長)の「サタデールーム」が活動報告を行いました。

CIMG6053.jpg 県内外から約900人(時津町 13人 長崎県 51人)が参加し、第1分科会から第4分科会に分かれ、各県代表が取組内容についての報告を行いました。「サタデールーム」は、第1分科会(約120人)「青少年の健全育成 地域ぐるみで支援する青少年健全育成の取組について」というテーマで、 中原 裕子 事務局長と宗CIMG6036.jpg ふじな 大学生リーダーが発表しました。第1分科会の司会は、長崎県教育庁生涯学習課 社会教育推進班 参事 椋本 博志 氏が務めました。

  この大会で大学生が発表するのは初めてで、好評だったという報告がありました。CIMG6042.jpgまた、中原事務局長は「大学生や子どもたちに、自主性を持たせた活動をしていることを評価していただき、ありがたかった」。宗 大学生リーダーは「自分自身で行ってきたサタデールームでの活動を振り返り、見つめ直す機会になった。また、多くの方々の前で発表することは緊張したが、この活動の中にある喜びや、やりがいについて話すことが出来て嬉しかった。大学生主体で行うこのような活動が広がっていくといいなと思った」と参加しての感想を語りました。

 社教が手配したマイクロバスに便乗し、10月18日(木)午前7時に熊本向け出発し、翌19日(金)午後5時に長崎に帰って来るという強行軍でした。お疲れさまでした。(彼方)

【2018/11/01 17:57】 | 子どもの居場所づくり
トラックバック(0) |
 10月26日(金)午後7時から「串焼 吉吉」(時津町浦郷)で、カンボジアからの来訪者岩田 亮子さんとボレイ君を「囲む会」を開催しました。昨年10月3日以来1年と23日ぶりの再会でした。前回は岩田さん他カンボジアの子ども3人(ボレイ君を含む)と一緒でした。
 
 岩田さんは、今回の訪日中(11月26日)に、公益財団法人 社会貢献支援財団から「社会貢献者表彰(日本財団賞)」を受けるなど、マスコミにも大きく取り上げられています。カンボジア第2の都市 バッタンバンのノリア孤児院(HOPE OF CHILDREN)での長年にわたる孤児の自立支援活動が認められたものです。

 「囲む会」ではカンボジアの状況だったり、留学ビザで在日中のボレイ君とアイちゃん(昨年来崎)の話を聞いたりで、時間の経つのも忘れて、散会したのが9時半を過ぎていました。

 ちなみに、ボレイ君(26歳)は福岡で、今年の3月に日本語学校を卒業し、就労ビザを取るために英数学館で猛勉強中とのことです。将来は電気関係の仕事をしたいそうです。アイちゃん(15歳)は、今年広島の中学に入学し、大学卒業まで日本で頑張るそうです。岩田さんの努力が報われ、2人が日本とカンボジアの架け橋になってくれることを夢見ています。

 当法人の今年のカンボジア訪問は12月15日出発で準備中です。現地では岩田さんはじめ当地で活動されている方々に、お世話になることと思いますが、よろしくお願いいたします。(彼方)
IMG_0744b.jpg IMG_0735.jpgIMG_0741.jpg
 写真は「囲む会」当日の様子。後列左から2人目が岩田さん、その隣がボレイ君。右写真はタブレットPCを手にカンボジアの現状説明をする岩田さん。 

【2018/10/29 09:46】 | 国際交流・協力
トラックバック(0) |
 月1回、年間10回実施している「とぎつサタデールーム」(時津町からとぎつ子どもの居場所づくり実行委員会への委託事業)では子どもたちが帰った後に、反省会兼次回対策会議を行っています。

 10月13日(土)は会議の後に、18日(木)熊本市で行われる社会教育九州ブロック研究大会で「とぎつサタデールーム」の実践事例発表を行うことになっているため、その内容確認を行いました。当会(子どもの居場所づくり実行委員会)からは、中原 裕子事務局長と大学生代表の宗 ふじなリーダーが参加し発表します。

 この研究大会には、時津町や長崎県の社会教育や生涯学習の関係者が大勢参加することもあって、マイクロバスでの遠征となります。

IMG_0598.jpg IMG_0592_1.jpg
 写真は会議の様子とスタッフの集合写真です。NPOのスタッフ3人は、ほぼ固定ですが、大学生スタッフのメンバは、毎回違うメンバー構成になります。大学生の取りまとめは、大学生代表が行っています。

 立っている3人(写真左)は、悪いことをして叱られているのではありません。用事があり先に帰るために、立ったままでそれぞれが 、今日のルーム運営で気付いたことを述べているところです。右写真の「T」サインは、時津町の「T」を表現しています。このようなアイデアは、おじさん、おばさんにはありません。そのせいかポーズが逆の人が1人います(^_-)-☆。(彼方)

【2018/10/15 07:47】 | 子どもの居場所づくり
トラックバック(0) |
 社協の委託事業、60歳以上初心者対象のIMG_0466.jpg 「やさしいパソコン教室」が、10月5日(金)にスタートしました。定員15人を超える21人(66歳~83歳 男11人 女10人)から応募がありました。定員オーバー分をどうするかを社協さんに相談し、抽選でふるいに掛けるのも忍びないのとこの講座が今年度が最後であることも考慮してIMG_0467.jpg、応募者全員を受け入れることにしました。

 講師陣はメイン講師1人、サブ講師4人で1回2時間の10回コースの教室です。前半の10月5日~23日(6回)で、ワードの基礎から年賀状の文面作りまで、後半の11月13日~27日(4回)で、エクセルの基礎を学び名簿を作って差し込み印刷をして宛名面を完成させます。年賀状づくりに特化していますが、ここで学んだスキルがあれば、一般的な文書作りは自由にできるようになります。

 完成した年賀状は、会場の時津総合福祉センターのロビーに展示します。どのような力作が並ぶか楽しみです。(彼方)

【2018/10/10 15:10】 | PC・IT・ネット
トラックバック(0) |
 9月16日(日)の元村一自治会の敬老会に、グループホーム「モン・サン井手園」(時津町元村郷)から2人の参加者がありました。

IMG_0285.jpg 職員さん(右写真手前 向こうむきの2人)に付き添われての参加でしたが、参加したいという意欲に「あっぱれ!」をあげましょう。また、自治会からの案内があっての参加と思うので、自治会にも「あっぱれ」をあげます。
IMG_0240.jpg
 お二方は、最初から最後までおられたので、十分に楽しんで帰られたこと、と思っています。こういう場に出ることを生きがいにして、長生きしてもらえれば幸甚に存じます。

 私事ながらつい先日、(連れ合いを亡くして)一人暮らしをしていた86歳の義姉を介護付き有料老人ホーム「モン・サンながさき」(時津町浜田郷)へ入居させたばかりなので、考えさせられるところがありました。(彼方)

 元村一自治会 敬老会の詳細は、下記URLをクリックして、ご覧ください。
www.togitu.org/togidata/t180916keiroukai/t180916keiroukai.html

【2018/09/17 11:40】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 9月12日(水)午後5時から、NPO法人コミュニティ時津の事務所(友岡冷機㈱敷地内)で、当法人の会員5人が時津小学校校内トレセンの皆さんなどから寄せられたカンボジア支援物資の発送準備を行いました。

 翌13日、西彼杵郵便局に支援物資(16箱)を預けDSC_0400a.jpgます。 郵便局は諸手続きを済ませた後に、カンボジアに向けて発送します。船便で約2か月かかるので、11月初旬に予定している支援訪問団の到着に合わせての日本発送になります。

 毎回、このタイミングで送り、途中で荷物が消えるトラブルはなく現地に着いていますが、荷崩れがあったりゴキブリが侵入していたなどの話が訪問者からあって、今回の梱包は、より厳重にしました。

 支援訪問団の参加者を募集しています。カンボジア又は海外に興味のある方の参加をお待ちしています。昨年の支援訪問の報告は、当法人の「第55号会報」に掲載しましたので、下記URLをクリックしてご覧ください。(彼方)
www.togitu.org/55kaiho.pdf

【2018/09/12 22:02】 | 国際交流・協力
トラックバック(0) |
 夏休み期間中の8月10日(金)に実施した「時津小IMG_0028.jpg学校校内 JRCリーダーシップ トレーニングセンター」のメンバー(5・6年生)からカンボジアの子どもたちへのメッセージを預かりました。このメッセージは、11月にカンボジア訪問予定の当法人の会員が、現地の子どもたちに届けます。

 メッセージは、三つ折りの見開きで、学校生活や時津町のこと、支援物資をみんなで集めたことなどが書かれています。
IMG_0063.jpg IMG_0068.jpg IMG_0074.jpg
IMG_0059.jpg IMG_0066.jpg IMG_0070.jpg
 グループごとにメッセージは作られています。写真上段が表紙側、下段が裏側で上下対比しています。日本の子どもたちの思いがカンボジアの子どもたちに伝わると思います。(彼方)

 8月10日(金)の校内トレセンでのカンボジア支援物資梱包作業の様子は、下記URLをクリックしてご覧ください。夏休みの暑い中、先生方と当法人会員6人がサポートし、子どもたちは支援物資を仕分けして、段ボール箱に詰めガムテープでシールしました。 
www.togitu.org/togidata/t180810toresen/t180810toresen.html

【2018/09/03 07:08】 | 国際交流・協力
トラックバック(0) |