地域情報/環境情報/国際協力/PC教室/食育・・あらゆる話題情報を提供します。
IMG_6704.jpg  8月6日(日)午前11時から時津町元村郷の「原爆碑・疱瘡墓」で、濱岡 英明さん(元村郷在住)を代表とする有志一同による第2回慰霊祭が、総勢 約30人(うち子ども7人)が参加して開催されました。

 今回は、濱岡代表の「慰霊碑に懸ける思いを、IMG_6680.jpg 我々の世代だけで終わらせてはいけない。次の世代に伝えて行かなければ」という強い思いがあって、子ども育成会に声を掛けて、子どもの参加もありました。

 碑の横には献鶴台が設けられ。自治会の子ども育成会と高齢者サロン折り紙教室の皆さんが、願IMG_6687.jpg いを込めて折った千羽鶴が、供えられました。 

 式次第は次の通りです。
 黙祷⇒開会挨拶(中島 洋一 元村一自治会副会長)⇒今回の催しの経緯について(濱岡代表)⇒来賓あいさつ(新井時津町議会 副議長)⇒報道紹介(時津町広報 山口町議、長崎新聞 犬塚 泉 IMG_6694.jpg 西彼支局長⇒千羽鶴お供え(貞方 絹代 高齢者サロン副会長、育成会代表)⇒閉会あいさつ(一瀬ズッコケクラブ会長)⇒線香あげ(適宜お参り)。行事進行役は、周辺の地主 立山 末吉さんでした。 

 一昨年、元村一公民館で行われた町政報告会で「元村には江戸時代に伝染病(疱瘡)で亡くなった人を埋葬した疱瘡墓があり、IMG_6697.jpg 同地に原爆の犠牲者も葬られているが、長年放置され荒れ放題になっている。時津町の管轄と聞いているが、町で整備してもらえないか」という要望があったのが発端で、町が予算を付け、現在地の右前方の埋葬地にあった慰霊碑(昭和59年建立)を、移設し周辺を整備しました。昨年8月には、満行寺の住職さんを呼んで、第1回慰霊祭を開催しています。

 本件に関しては、皆さんの記憶も薄れ、言い伝えも確たるものが有りませんでした。一連の流れの中で長崎新聞社の記者 犬塚 泉 西彼支局長が調査し「名なき いしぶみ」という連載記事(上・中・下)を、今年のの3月7日、8日、9日号に掲載しました。
 その後、この碑のことを耳にした長崎市の被爆者の方が、お参りに来たときの取材記事が「被爆死の弟は きっとここに」という見出しで、5月29日号で紹介されています。

 これらの記事は、小生が変に編集してお伝えするよりも、原文をそのまま読まれた方が、感動すると思います。下のURLをクリックしてご覧ください。cse.google.co.jp/cse 

 濱岡有志代表は「原爆碑と疱瘡墓については、どのような経緯があってのものかを、殆ど知らなかったが、長崎新聞に連載していただいたお陰で、よく理解できました」と、犬塚西彼支局長に感謝の気持ちを伝えていました。

 所在地は「さばくさらかし岩」の南面(長崎市側)、時津南公園駐車場から歩いて5分のところにあります。傍の遊歩道を登って先に進むと、とぎつカナリーホールに出ます。(彼方)
スポンサーサイト

【2017/08/07 16:01】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 8月4日の「橋の日」に合わせ、長崎女子商業高校 生徒会の7人が、長崎市の眼鏡橋と周辺の清掃を行った。というテレビ報道があっていました。このボランティア活動は先輩から受け継がれ、9年前から行っているそうです。

 皆さん「橋の日」をご存知でしたか?
 「は=8、し=4」の語呂合わせに由来し、唱和60年(1985年)に延岡市の湯浅 利彦 氏が提唱された宮崎発祥の記念日で、「河川と橋を通し郷土愛を培い、河川の水質向上を図る」ことを目的に制定し、日本の各地でいろんな催しが行われ、全国展開されているそうです。

   さて、国道206号線の古川橋(長崎県時津町 時津川)の架け替え工事は、一昨年の10月に完工しましたが、現在は、その上流の長坂橋の架け替え工事が進行中です。長坂橋は、長崎市から時津港に向かう途中の継石バス停先の信号を右に入って約100㍍直進し、右に曲がる「スカイタウン時津」入口の橋です。
IMG_6552.jpg IMG_6556.jpgIMG_6565.jpg  
 写真説明:国道206号線から旧道に入り約100㍍走ると、工事現場に突き当る。迂回路を右に曲がる(仮橋を渡る)と、工事施工関係の掲示板が目につく、その先に「スカイタウン時津」という標識(右端写真)があります。

IMG_6557a.jpg IMG_6564.jpgIMG_6561.jpg  
 下部工事(土台、基礎部分)は平成29年9月12日までで、施工業者は、株式会社 別所組です。下部工事が終わってからの上部(橋桁)工事は、古川橋の架け替え工事と同様に、施工業者が代わって行います。6枚の写真は、6月3日に撮影したものです。

 昭和57年(1982年)7月23日に発生した長崎大水害を教訓に、100年に1度の災害にも耐えられるようにとのコンセプトで、施工されている時津川河口からの拡幅工事の一環で、この架け替え工事が行われています。写真左の看板には、長崎大水害の時の写真があります。

 拡幅工事の計画は、時津川河口から鳥越橋(長坂橋のもう一つ下流の橋)までを、2020年までに完成させる予定と聞いていましたが、その後の計画変更などがあって、なかなか予定通りには行かないという担当者の話もあります。長坂橋の架け替え工事は、初期の計画からすると先行工事になっています。

 九州北部豪雨災害などのように、山ごと根こそぎ持って行かれるような災害にどう対処するか、人類が難しい問題に直面しているように感じていますが、出来るところから出来る範囲でやるという風に、行動・実行に移すことも大切なことだと思っています。

 「橋の日」(8月4日)にちなみ、時津川の橋の架け替え(拡幅)工事を話題にしました。(彼方)

【2017/08/05 06:24】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 1500177359054.jpg  夏の風物詩ペーロン大会が、長崎の各地で開催されています。時津町のペーロン大会は、西時津郷7工区護岸を会場に、7月16日(日)午前8時20分から開催されました。

時津町ペーロン大会結果(H29)  炎天下に、一般(大人)と中学生(時津中、鳴北中のクラス対抗戦)の競漕に、アトラクションでは女性チームが力漕するなど、時津町の大きなイベントの一つで、毎年大盛り上がりの大会です。

 一般の部(10チーム)の優勝は、日並チームで、昨年優勝の元村は2位、3位が西時津でした。日並は、昨年の雪辱を果たし2年ぶりの優勝。昨年初優勝の元村は2位で、実力が付いて来ました。西時津は昨年2位で、初優勝を狙っていますが、今一歩届きません。躍進賞は、昨年最下位の野田、タイムを1分9秒5短縮して意地の7位です。

 小生は残念ながら、今年のペーロン大会の取材も応援もできませんでしたが、某自治会長さんから結果表を頂きましたので、ご紹介します。詳細は上表をクリックし、拡大してご覧いただくと、良く見られます。写真は、当法人の清浦理事に提供いただきました。

 出場チーム(各地区)は、選手集めから練習の炊き出し、当日対策など大変です。また、主催者(実行委員)は、テント張りなどの場所設営や後片付け、出漕順(プログラム)の作成・進行など、裏方としての仕事があります。

 町民の総力を結集した大会が無事終了しました。これでまた、地域の絆がしっかりしたものになったと思います。皆さん、本当にお疲れさまでした。(彼方)

【2017/08/02 17:16】 | 伝統・芸能・スポーツ
トラックバック(0) |
 6月4日(日)の町内一斉清掃の記事を最後に、ブログにアップできない状態が続き、ご迷惑をお掛けしたことを、お詫び申し上げます。今日を復帰日として地域情報を発信してまいりますので、これまでと変わらぬご高配の程、よろしくお願い致します。
健康1  6月10日(土)、急性肺炎で光晴会病院に緊急入院し、抗生物質などの点滴治療を受け、7月1日(土)に退院しました。21日間の入院中は、高熱に悩まされましたが、主治医や看護師さんたちの懸命な治療と入院中に、お見舞いいただいた皆さん方の励ましの言葉のお陰で、無事に生還することができました。

健康6  咳が残っており、以降は外来で様子を診ましょうということになりました。7月6日と13日の2回通院しましたが、13日の主治医の所見は「血液検査の結果、腎臓や肝臓を含め正常値に戻りました。入院時[29]あった炎症を見るCRPは、0.21(基準値 0.45以下)まで下がりました。レントゲン検査では、左肺の下方に濃い影がありましたが、だんだん薄くなり確認できないくらいになりました。これ以上、ここで治療することはありませんが、まだ咳が出ているようなので、咳止めの薬を処方し、もう1回7月25日に診ましょう。後は近くの掛かり付けの医 師に診てもらってください」というものでした。

健康3  ある意味完治宣言をしていただいたようなものですが、体力の衰えを回復するところまでには至っていません。来週ぐらいから体を慣らしリハビリに努め、お盆前ぐらいを目途に、元の状態に戻したいと思っています。

 自分が肺炎に罹るとは、考えもしなかったことでした。ここのところ行事が重なり、知らず知らずのうちに、疲れやストレスが溜まっていたのだと思っています。今後は、年相応に無理をしないことを肝に銘じ、健康第一で過ごします(^_-)-☆。(彼方)

【2017/07/16 11:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
 6月5日は世界環境デー、6月は環境月間です。時津町では毎年、6月の第1日曜日に町内一斉清掃を実施しています。今年は6月4日(日)午前8時から11時までという指示で実施しました。

IMG_6583.jpg  主催は時津町保健環境連合会(町内各自治会)と時津町です。町内一斉清掃の目的は、美しい町づくりの一環として、日ごろなかなか清掃することのできない公共の場所(道路、側溝、公園など)を、感謝をこめて町民みずからの手できれいにすることです。

IMG_6584.jpg  私の団地の近くには公園がないので、道路や側溝、石垣、空き家の周囲などの清掃になります。清掃は1時間半程度で終わりますが、近隣住民との交流の場として又は環境意識を共有するところに意義があります。

 一人よりも二人、二人よりも三人、多人数でやると仕事がはかどり、あっという間にきれいになりました。

 今日の朝食は、後回しにしていい汗かきました(^_-)-☆。(彼方)

【2017/06/04 12:44】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 5月27日(土)にオープンしたイオンタウン長与に、2日後の29日(月)、買い物と野次馬気分で出掛けました。何でもありの新興住宅地の大型ショッピングセンターで、隣町の時津町の大型商業施設や量販店との競合が予想されます。お客さんの取り合いになることも考えられるが、お互いに切磋琢磨して、特色のあるものにしていかないと、淘汰されていくのではないかと思いました。また、近隣の小売店への影響も心配です。
IMG_6407 パノラマ写真
IMG_6410 パノラマ写真
 29日(月)は開店から3日目、平日にもかかわらず買い物客や冷やかし?のお客さんでごった返していました。誘導員が随所に立ち臨時駐車場への誘導もしていましたが、出入りが激しいのか、正規の駐車場へも殆ど待ち時間なしに入れました。

IMG_6426a.jpg  イオンタウンから上方の住宅地に目をやると、県立北陽台高校らしきものが見えたので、近くまで足を延ばし確認したところ、紛れもなく北陽台高校でした。山の中にあった学校に住宅が迫っております。左の写真中央の白いビルと武道館みたいな建物が県立北陽台高校です。
IMG_6433 パノラマ写真 
 上の写真は、近くまで行って撮った写真で、県立北陽台高校の裏側になります。住宅街と学校の境目は、金網の柵で仕切られており、裏からは入れないようになっています。ここに住む子どもたちは、目の前に学校がありながら、回り道をして正面の通学路から通わないといけないのかなと、よからぬことを考えていました。(彼方)

※ 以下、5月28日付の長崎新聞の記事です。
西彼長与町初の大型複合商業施設、イオンタウン長与が27日、同町北陽台1丁目の住宅団地、ヴューテラス長与北陽台内にオープン。初日から大勢の人出でにぎわった。

 同タウンには、核店舗の食品スーパー、マックスバリュ長与中央店のほか、物販8業者、サービス22業者、飲食3業者が出店。開店前には約1500人が行列を作り、真新しい店舗で買い物を楽しんだ。大門淳イオンタウン社長は「日常必要な物やサービスがそろう、気軽に使ってもらえるショッピングセンターを目指したい」と話した。

 出店34業者のうち半数が県内企業。同町の商店街にあったサテライト店を移転オープンした浜屋百貨店の担当者は「郊外型店舗の出店は初。百貨店のブランドを集約した品ぞろえにした。イオンに来る浜屋のファンをつかみたい」と話していた。
 

【2017/06/02 12:14】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 5月26日(金)午後6時から、セントヒル長崎で「第28回 二工会総会兼懇親会」(OB会)が開催されました。出身母体は、三菱重工業(株)長崎造船所の第二工作部で、平成26年2月に社名と部名が、三菱日立パワーシステムズ(株)熱エネルギー機器製造部に変わりました。更に、平成27年10月には組織改編があって部名が、ボイラ製造機器総括部に変わりました。社名の略称MHPSは、マラソン部の活躍でご存知のことと思いますが、井上 大仁 選手(鎮西学院高校⇒山梨学院大卒)の世界選手権大会出場が決まっています(8月 ロンドン)。

IMG_6335.jpg   会員総数 547人、総会兼懇親会出席者は94人(うち14人は、現役課長以上の特別会員)でした。昨年と比べて会員総数で11人増、出席者は10人減でした。新入会員38人中4人が出席。この1年間にお亡くなりになられた方は10人(うち最年少64歳)でした。

 出席者の最高齢IMG_6345.jpg者は、本原町在住の94歳と5カ月 の先輩で「年には勝てずグランドゴルフはさぼりがち、ボケ防止に月4回麻雀で遊んでいる」と語っていました。赤ワインを飲みカラオケで歌い、会場の往復は1人でという元気さです。この秘訣は、何だろうかと毎回感心し、目標としています(^_-)-☆。

IMG_6364.jpg  前半が総会で、後半が懇親会。総会では、会の呼称を「二工会」から「製缶会」に変更することが決定しました。ここ数年で、社名が変わり部名が変わるなどで「二工会」という会名が、現状にそぐわなくなったので、原点に返ろうというのが変更の理由です。

IMG_6397.jpg   懇親会では乾杯の後、9年連続出演の「とぎつ音楽団」の伴奏で「製缶会の歌」を合唱。その後、懐かしのメロディ5曲(「瀬戸の花嫁」「高原列車は行く」「蘇州夜曲」「ヘイジュード」「北国の春」)を演奏して景気づけをし、上手い下手は関係なしのカラオケをBGM代わりに、飲んで食べて昔話に花を咲かせました。
 とぎつ音楽団は、レパートリー外の高齢者向けの歌謡曲(ナツメロ)の練習を重ね、演奏曲の幅を広げています(^_-)。
 懇親会の最後は、再会を誓い万歳三唱でお開きにしました。

二工会ゴルフ173  翌日のゴルフ大会には20人が参加。五月晴れの絶好のゴルフ日和。二日酔い状態でスタートした前半はパットが好調、酔いが醒めた後半は、隠しホールでの大叩きが効いてHDC 24をもらい優勝(グロスのスコアーは内緒)。優勝の弁を、と振られたが久しぶりの優勝に「良きパートナーに恵まれて・・・」という決まり文句で切り出し、通り一遍の話になりました。この優勝は、前日の司会進行役のご褒美と受け止め、精進します(^_-)-☆。(彼方)

 前年の「二工会総会兼懇親会」は下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://togitu.blog65.fc2.com/blog-date-201605-1.html

【2017/06/01 18:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
 一昨日アップした(一つ前の)ブログを見た S さんから「我が家のイペーの映像は、両陛下に届けられました」との情報提供がありました。

 以下、S さんのメールを紹介します。
(一つ前のブログで紹介したイペーの苗の贈り主)

 現在の天皇皇后両陛下は、ブラジルを幾度か訪問されて移民との交流を深められました。

(その1)
 平成10年歌会始 において美智子皇后陛下は{移民きみら辿り来たりし遠き道に イペーの花はいくたび咲きし}と詠われました。苦難に満ちた移民の労を労われたのですね。この御詠歌はサン・パウロのブラジル日本移民資料館に花崗岩に刻まれて展示されています。

DSC05436.jpg (その2)
 また、2003年の日経連トップによる経済にかかる御進講の場において、ブラジル談議になった際、私の庭に咲いたイペーの花が紹介されました。
陛下が「長崎のイペーの花?見てみたいですね」と興味を示され、後日経団連経由で1枚の映像が陛下へ届けられました。

 IPE(イペー) の発音は様々あるようですが 皇后陛下が詠まれたようにイペーが宜しいかなと思います。

<私感・雑感>
 先日、長与町岡郷の山口さん宅のイペーが、長崎新聞に紹介されていましたが、ここでは「イぺ」となっていました。諸説紛々あるようですが、以降、私も「イペー」と呼ぶようにします。

 贈られた写真には「天皇・皇后両陛下 経団連御届写真 平成15年5月3日撮影」とあります。南半球のブラジルは日本と真反対、これから冬に向かいイペーアマレロ(黄色)が咲くのは9月~12月です。ちなみに、イペーには紫と白もあります。「イペー」一つを取っても、いろんなドラマがありますね。イペー談義に感服しました(^_-)-☆。(彼方)

【2017/05/17 21:58】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
IMG_6218.jpg  長与町高田郷 E さん宅のイッペの花が満開です。と言っても左の写真は5月5日の子どもの日に撮影したもので、ひらひらと花びらが舞い降りて、地面には黄色の花じゅうたんが敷かれ始めていました。この話を贈り主の S さんにしたところ、翌6日に見に来たが殆ど散っていた。と言って嘆いていました。イッペの花の命は短くて、散り始めると一夜にして散ってしまうとのことでした。

   このイッペは、約40年前にSさんが種を持ち帰り、植物に詳しいお父さんが発芽させ育IMG_6225a.jpgてた2本のうちの1本の苗を E さん(故人)に贈ったもので「自分の家のイッペも順調に育っていたが、移植してからダメになった」と残念がっていました。

 数日後に E さんの息子さんご夫妻にお会いする機会があり、この話をしたところ「昨年は寒害(長崎では豪雪)の影響か、花が咲かなかったが、今年は見事に咲きました」と言って5月1日に撮影した写真を見せてくれました。また、奥さんは「花が散ると掃除が大変ですが、記念の樹なので、大事にしてブラジル時代の生前の両親を偲んでいます」と話されていました。

 5月5日(金・祝)の午後1時から平安閣 サン・プリエールで、40年前のブラジルで一緒に過ごした仲間18人(うちご夫人4人)が集い、旧交を温め歓談をしましたが、これに間に合うように、朝から E さん宅のイッペの写真を撮りに行きました。1日ずれていれば、このような写真は撮れなかったと思うと、何かの因縁を感じています。

ブラジル地図(一期生会用)171  ブラジル仲間の会は、ブラジル サンパウロ州のジュンジアイという都市で、ボイラ工場の建設から従業員の採用、工場を軌道に乗せるまでの数年間を共に過ごした企業戦士の会で「ブラジルCBC ジュンジアイ一期生会」と称し、2年に1回開催しています。今回が6回目の「一期生会」も、佐賀出身でブラジル在住の N さんの訪日(来崎)に合わせ開催しました。N さんは、私たちが赴任した当時、既に、ブラジル在住15年の経験があり、不慣れな赴任者の面倒を公私共によく見ていただいた方です。第1回を除き、5回連続出席いただいております。

※ イッペは、ブラジル原産のノウゼンカズラ科の花で、ブラジルの国の花になっていて、ブラジル桜と言われています。最近では沖縄あたりから取り寄せ購入できるそうで、長与町でもちらほら見られるようになったそうです。

 「温故知新」何時の日か、又ブラジルを訪ねたいものです(^_-)-☆。(彼方)

 この記事を見た S さんから「我が家のイペーの映像は、天皇・皇后両陛下に届けられました」との情報提供がありました。詳細は、次のブログをご覧ください。(彼方)


追記を閉じる▲

【2017/05/15 18:34】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |
 長いこと更新をさぼっていたら、過去記事の頭に広告が載っており、ウィルスの仕業かとドキッとしましたが、よく見ると1か月以上の更新がないと、広告を掲載するとの記載がありました。これに納得し安堵しています。

 さて、同年代の友と2Hクラブ(ヘタヘタヘルスクラブ)と称し、月1ゴルフをやっています。スコアーはともかくオーシャン パレスゴルフクラブ(琴海町)のレディース&シニアゴルフ大会に出ています。月2回開催される大会ですが、諸般の事情もあって1回で我慢しています。

 5月12日(金)のこの大会は、既にスタートした組がある中、雷が鳴り始めたのと、回復の見込みがなさそうな天気予報もあって、中止が決定しました。
 
 我が組のメンバーは30分前に集合。スタートを今か今かと待っている時でした。40年超のゴルフ人生の中で、ゴルフ場まで足を運び、ゴルフ場の中止宣言に遭遇し引き返したのは初めての経験でした。人生長生きするといろいろありますね(^_-)-☆。
IMG_6246.jpg IMG_6249.jpgIMG_6251.jpg 
写真は左からパター練習場、退避命令に応じ戻って来たカート、グリーンの状態。午前9時のゴルフ場の様子です。
 
 その後、強い雨が降り続き中止決定が、正しい判断であったことが証明されました。前に進む勇気よりも撤退する勇気を持つ!ちょっと大げさかな。(彼方)

【2017/05/13 17:51】 | まちづくり・街並み・話題のまち
トラックバック(0) |